2006年03月11日

ジューダス・プリースト

METAL WORKS ’73-’93(紙ジャケット仕様)METAL WORKS ’73-’93(紙ジャケット仕様)
ジューダス・プリースト
Sony Music Direct
発売日 2005-07-06



名曲の宝庫 2005-10-28
初期〜ペインキラーまでの名曲を網羅しています。
ライブ定番曲はたいてい収録されています。
まさにJUDAS PRIEST入門にはもってこいの作品です。
ただ"THE DEFENDERS OF THE FAITH"収録の超名曲"The Sentinel"が入ってないのが非常に残念です(同様に同アルバム収録の名曲"Rock Hard Ride Free""Jaw Breaker"も入っていません)。さらに詳しい情報はコチラ≫

ペインキラー(紙ジャケット仕様)ペインキラー(紙ジャケット仕様)
ジューダス・プリースト
Sony Music Direct
発売日 2005-07-06




さらに詳しい情報はコチラ≫




運命の翼(K2HD/紙ジャケット仕様)運命の翼(K2HD/紙ジャケット仕様)
ジューダス・プリースト
ビクターエンタテインメント
発売日 2006-01-12




さらに詳しい情報はコチラ≫




リヴィング・アフターミッドナイト 〜ザ・ベスト・オブ・ザ・メタル・ゴッドリヴィング・アフターミッドナイト 〜ザ・ベスト・オブ・ザ・メタル・ゴッド
ジューダス・プリースト
ソニーミュージックエンタテインメント
発売日 1998-01-21



ナイスプライス 2004-09-15
ステンドクラスからペインキラーまでの中期黄金時代のアルバムの曲が収録されているのでジューダス入門者にお勧め、METALOGYを買った方が手っ取り早いですが、安さでこちらをお勧めします。


さらに詳しい情報はコチラ≫




復讐の叫び復讐の叫び
ジューダス・プリースト
Sony Music Direct
発売日 2004-08-04



JUDAS PRIESTの大作アルバムの一枚! 2005-09-30
 1982年にリリースされたJUDAS PRIESTの通算8枚目にあたる本作の「復讐の叫び」はJUDAS PRIESTの名盤中の名盤であることはもちろんHM史に輝く大作アルバムの一枚もある。本作はアメリカではチャート17位まで上昇し、見事プラチナディスク(ミリオンセラー)に輝き、世界中のHM系ファンから大きな注目を集める結果となった。また本作をJUDAS PRIESTの最高傑作として挙げるPRIESTファンやHMファンも多いことから本作はまさにHM史に輝く大作アルバムといえるだろう。 本作の内容を簡単に言うとPRIESTらしいへヴィメタルの要素とダイナミックなサウンドが見事融合されたような曲調が印象的だ。本作にはPRIESTの名曲中の名曲でもありLIVEでは欠かせないナンバーのひとつでもある??をはじめ疾走感があって鳥肌もののHMナンバーの?やポップなサウンドが印象的でシングルヒットもした?などのPRIESTも名曲中の名曲といえる曲が収録されている。また本作のタイトルナンバーでもある?や隠れた名曲でもある?なども収録されている。個人的に本作はhHM史に輝く名作だといわれているのは彼ら才能が見事発揮されたおかげではないかと思う。 本作はHM史に輝くアルバムといえる内容なのでJUDAS PRIESTファンはもちろんHM系ファンだったら聴いてみるべきだと思う。


さらに詳しい情報はコチラ≫




殺人機械殺人機械
ジューダス・プリースト
Sony Music Direct
発売日 2004-06-02



HM史に輝く名盤! 2005-09-24
 今やHM界の王者に君臨し続けるJUDAS PRIEST。そして1978年にリリースされた5枚目にあたる本作の「殺人機械」はJUDAS PRIESTの名盤どころかHM界に輝く超名盤にひとつでもある。 本作の内容を簡単に言うと、まさに正統派メタルそのものといってもいいだろう。そもそも本作がヘヴィメタルという言語を確立させるきっかけとなった作品だからだ。本作には機械音と思わせるようなイントロが印象的なオープニングナンバーの?をはじめ、現在でもLIVEでも演奏されている名曲の?や本作のタイトルナンバーでもあるHMナンバーの?などが収録されている。また?はノリのよさが印象的だ。そしてバラードナンバーの?は初期のPRIESTらしさが漂う傑作曲だ。そして本作のサウンドスタイルは次作でもあるHM史に輝く名盤の「ブリティッシュ スティール」にも受け継がれている。 本作はJUDAS PRIESTファンはもちろんHR/HMファンだったら聴くべきだ。何故ならば本作の影響などでヘヴィメタルというジャンルが確立するきっかけなったからだ。


さらに詳しい情報はコチラ≫




ペインキラーペインキラー
ジューダス・プリースト
Sony Music Direct
発売日 2004-08-04



こんな傑作が存在してもいいのか!! 2005-10-01
 90年にリリースされたハルフォード在籍時最後にして最強の(帰って来たけどね)ヘヴィ・メタル聖典。12thアルバム『Painkiller』。
 こんな傑作アルバムがこの世に存在していいのか… 一度も聴いた事が無いなんて口走る人が存在するなんて… そんな、違う意味で問題作とも言える超超名盤!!
 聴いたが最後、夢の中までハルフォードの超高音ヴォイスが攻めてきて、忘れられなくなる名曲『Painkiller』、ヘヴィなのにテンポの心地よい『Hell Patrol』、私の大好きな激しい名曲『All Guns Blazing』、こちらも激しく攻めてくる『Leather Rebel』、そして追い打ちをかけるかの如く激しく揺さぶる『Metal Meltdown』、休む暇さえ与えてくれないヘヴィな名曲『Night Crawler』、まだまだ止まらないハードなリレー『Between the Hammer & the Anvil』、ようやくここで小休止、名バラッド『A Touch of Evil』、そしてインスト『Battle Hymn』、ラストまで手を抜かないヘヴィネスぶり『One Shot at Glory』。
 初めてプリーストに触れる方は、絶対に最初に聴かないよう心掛けてください。過去のアルバムを全て食い尽くしてしまいそうなこの1枚は、最後の最後に購入される事をお勧めします。


さらに詳しい情報はコチラ≫




posted by かいだ at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14651870

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

<サーバーにアップする /html>